組織を破壊

脱毛サロンに行く時には、やはり肌を見られてしまうのだからきれいに毛を剃らなければいけないと思って、しっかり脱毛処理を行ってから行きました。
ですが、実際見てもらう段階になってみると剃りのこしがあちこちにあって、恥ずかしく思いました。
それだけでなく、毛の量や生え方を確かめるために、剃らないで足を運んだほうがよかったのだそうです。
脱毛サロンに行ったら、綺麗な脇や足になれるし、施術をおこなうエステティシャンの方と楽しくお話できるし、嬉しい事ばかりだと思います。
良くない事としては、いっぱいお金が必要なことです。
その上、場合によりは、強く勧誘されてしまうこともあります。
でも、近年では、強引な勧誘は禁止されているため、はっきりと断れば大丈夫です。
永久脱毛とはどういう仕組みで施術なされているのかというと、レーザーなどといった機械を用いて毛や毛根にあるメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を造ろうとする組織を破壊し、永久的に毛が生えないようにするという方法です。
レーザーを使用したレーザー脱毛の他にニードル脱毛という方法がありますが、現在では、レーザーが主になっています。
どっちにしろ毛を造り出す組織を破壊してムダ毛が生えないようにするというものなのです。
光により脱毛をおこなう脱毛器の場合、カートリッジが必要なのが主流になっています。

Comments are closed.