旬のズワイガニ

鍋の季節

鍋の季節

北海道原産の毛ガニ、それは良質で活きのいい濃密なカニ味噌がえもいわれぬ美味の元。寒い環境で成長すると食べ応えが変わります。やはり北海道から特価でうまいものを産地からそのまま宅配なら、やはり通販でしょう。
一際4月前後から7月前後迄のズワイガニの身は本当に上質だと評価されており、素晴らしいズワイガニを食べたいと思う場合には、その時に買うことをイチオシします。
昆布で育った花咲ガニはおいしいだしが出るので、鍋物をするにもマッチします。花咲ガニの漁獲量は多くはなく、残念ながら北海道以外の地域の他の市場ではまず出回らないと言えるでしょう。
オンラインの通販でも人気が二分される季節の味覚ズワイガニとタラバガニ。どちらもいいからチョイスできない!こうした方にはセット販売のいいものが一押しです。
これまでは漁業も盛んで、所によりカニと伝えればコクのあるワタリガニと思いつくくらい庶民派の食物でしたが、最近では漁獲高がダウンしたため、これまでと比べてみると近くで見られる事も少なくなった気がします。
わざわざ出かけなくても旬のズワイガニをお取り寄せできるっていうの、ありがたいですね。インターネットの通販なら、他のお店よりかなり安くお取り寄せできることが意外とあるものです。
冬の代表的な味覚はカニに決まりですね!本場北海道の今しか口にできない美味しさを心ゆくまでとことん味わいたいと思い付き、通販で販売している低価格のタラバガニをあれこれ探してみてきました。
茹で上げを味わっても楽しめる花咲ガニではありますが、殻ごとぶつ切りにし味噌汁を作るときに入れるのもとてもおいしいです。現地の北海道ではこういう味噌汁のことを「鉄砲汁」というそうです。
「日本海産は優れている」、「日本海産は美味」という心象は間違いありませんが、北米カナダの沿岸海域、太平洋の緑海ともなっているオホーツク海、オットセイなどが多いベーリング海もズワイガニにしてみては「繁殖しやすい海域」となっています。
まだ水揚間もないうちは茶色ですが、ボイルしたときに鮮明な赤になりまるで花みたいになるのが原因で名前が花咲ガニになったと言われているらしいです。

Comments are closed.